メイクに欠かせない!肌トラブル別コンシーラーの選び方

濃いシミはペンシルやステックタイプがおすすめ

気になる肌トラブルをメイクでカバーする際、コンシーラーは欠かせないアイテムですよね。濃いシミをカバーしたいという時は、ペンシルやステックタイプのコンシーラーがおすすめですよ。ペンシルやステックタイプは、コンシーラーが固めになっています。色が濃く肌につくので、シミを目立たなくする事が出来るんですよ。ただ、べったりと塗ってしまうと、その部分だけが浮いてしまうのでシミ部分にコンシーラーを塗ったら、周囲を馴染ませるようにしましょう。

そばかすや肝斑はクリームタイプがおすすめ

そばかすや肝斑は広範囲に色素沈着やシミが出来てしまうので、コンシーラーでカバーするのは大変と思っている方も多いのでは?確かにピンポイントにカバーする効果に長けた、ペンシルやステックタイプのコンシーラーは、そばかすや肝斑には向いていません。このような肌トラブルをコンシーラーでカバーしたいなら、クリームタイプがおすすめですよ。クリームタイプは濃い目のリキッドファンデーションのようなテクスチャーなので、広範囲に塗り広げやすくなっています。

目の下のクマはリキッドタイプがおすすめ

目の下にクマがあると、疲れた印象や老けて見られる原因になってしまいますよね。目の下のクマも、コンシーラーを使ったメイクでカバーできますよ。この場合、リキッドタイプのコンシーラーがおすすめです。リキッドタイプは瑞々しさのあるテクスチャーで、よれやすい目元に塗っても肌にピッタリとフィットします。細かいパールが配合されているリキッドタイプのコンシーラーであれば、光の拡散によって目の下のクマだけでなく、くすみも目立たなくする事が出来ますよ。

品川美容外科の告訴について調べる

標準