夜更かしにはコレ!美容に良い3つの食べ物

フローズンヨーグルト

フローズンヨーグルトには余分な甘味料が含まれていないため、果実本来の甘さを楽しむ事が出来ます。甘さも味わう事が出来るため、気持ち的にも満足のできる食べ物となります。筋っぽい食物繊維には消化にかかる時間が必要となるため、夜遅くに食べてしまうと胃腸に大きな負担をかけてしまいます。しかしフルーツには水溶性食物繊維がたくさん含まれているので、消化の負担も少なくしてくれます。夜に小腹がすいた時には、こっそりとフローズンヨーグルトを食べましょう。

無糖のヨーグルトとココナッツミルク

腸内の環境を整えるためには、ヨーグルトの力が必要になってきます。ただし加糖のヨーグルトの場合、夜更かしをした際に食べると美容にもよくありません。美容の事を考えると無糖のヨーグルトを選んだ方がいいのですが、無糖ヨーグルトだけだと満足感がありません。そんな時んはココナッツミルクをプラスしてみましょう。ココナッツミルクはとても甘く、また甘い香りを発します。またココナッツミルクに含まれている中鎖脂肪酸は、エネルギーとして消費されやすくなっており、脂肪としては蓄積されません。そのため、ダイエット中でも夜遅くに食べても問題ありません。

寒天ゼリーは夜に食べても大丈夫

寒天の役8割は食物繊維となっており、美容食材として多くの方に知られています。夜のおやつとして食べるには、寒天をココナッツウォーターやコーヒーや紅茶やハーブティなどに溶かして寒天を作っておくといいでしょう。私達の味覚は、水分を置く含む物ほど甘味を強く感じる事が出来るようになっています。ゼリーは水分を固める成分であり、少量の甘味でも満足に感じる事が出来るのです。そのため夜食として食べるには、甘味料を少な目で作るようにしましょう。

品川美容外科の判例について調べる

標準